グランド倶楽部について

アンケート調査結果 「人生のダイエット」

~あなたが減らしたい物は何ですか?~

2018年05月30日

「人生のダイエット」アンケート結果

人生を重ねていくといろいろな荷物が増えていきます。

それは目に見えるものばかりではなく、お付き合い、生活習慣など目に見えないものも。

今回のアンケートでは、「減らしたい物」や「減らす方法」を皆様にお尋ねしました。

ご協力ありがとうございました。

回答期間:2018年4月10日~30日

回答者:67名(30代~70代)

 

人生のダイエット

~あなたが減らしたい物は何ですか?~

ダイエット「diet」。その語源はギリシャ語「diaita」で、「生活様式」「生き方」という意味だといわれています。

アンケートの結果から「生き方」に通じる、様々な「ダイエット」を意見としてお寄せいただきました。

 

Q1 あなたは「人生のダイエット」と聞いてどのようなことをイメージしますか

☆年齢が上がるにつれてモノの処分から人生へのしまい方へと変わっているようです。

☆また、「今まで溜めてきたものを見直して、身も心も軽くする。」と精神的な面を想定している方が、たくさんおられました。

 

《30代》

・断捨離

・しがらみを捨てること

 

《40代》

・断捨離、身辺整理

・本当にやりたいことだけに取り組む

・人間関係の整理、過去のしがらみを整理する

・不要なものを持たない。安物買いの銭失いにならない

・再スタート, 新たな挑戦

・身の回りのサイズダウンを図る

 

《50代》

・これまでの人生の足跡を消していく作業  具体的には、捨てるに捨てられなかった記録物や思い出の品を処分する作業

・自身の周りの様々な物を整理する,物だけではなくて

・断捨離

・身の回りを整理して、物をあまり持たないこと

・好ましくない生活習慣を止める・腐れ縁の人間関係を断ち切る

・暮らしのスリム化

・生き方をシンプルにすること

・様々な経験を積んだ人生の終盤、本当に必要なものを取捨選択して身軽になり、力を抜いて自然体でいくシンプルな生活

・終焉・終活

 

《60代》

・今までためてきたものを見直して、身も心も軽くする

・いろんなしがらみを整理する

・自分にとって、本当に必要なものだけを残していく為に、物や人、地位など過去の清算をする事

・よくわからない

・断捨離

・人づきあいを整理する

・終活に向かっての荷物の整理・残る人生に必要なものだけにする

・無駄遣いをしない

・広がりすぎた生活を縮小する

・シンプルな生活

・年齢柄、終活

・持ち物の整理や処分

・ストレスのない生き方

・コミュニティーのダイエットを考えています

・自分にとって過剰なものを減らすこと

・終活を意識した身の回りの整理

 

《70代》

・自分の目標をしっかりと決めて、それに向かって進む、というイメージです

・人の記憶に残らずに静かに消えてゆくこと

・残りの人生で使わないと思われる家具・衣類・書籍・様々な道具・手紙類を処分し、生活も気分も身軽になること。仕事が終わったらしたいと思っていたが・・・

・人生の終活を考えます

・断捨離

・「身も心も軽やかにして」は難題です。気持ちではそう思いますが、実施は簡単ではありません。①「物」の整理(処分)②会社時代につきあっていた人たちの整理

 

Q2 あなたが減らしたい、整理したいと思うものは何ですか?(複数回答)

減らしたい物のトップは、「衣類」、どの年代も約8割の方があげています。

次に半数以上の方が減らしたいものが「書類」「生活用品・家具」「書籍」「ぜい肉」でした。

一方、年齢が上がるにつれて「思い出の品」が増えており、60代で37.5%、70代で87.5%の方があげています。

(年代別)

 

(項目別)

 

Q3 あなたが実際に取組んでよかったこと、軽やかになったと感じたことを教えてください。またそれを実現するためにやった方法を教えてください。

【30代】

・年賀状を書かなくなったこと。

・引っ越しに伴い、書類の整理をした。古い研修資料などはすべて捨てた。

・不必要なつきあいはしないこと。時間もお金も無駄にしなくて良かった。

・まだ実行できていません。

 

【40代】

・故人の品、書籍を捨てる、思い出は自分だけの記憶と満足。

・すべての洋服を部屋に並べ、不要なものを処分した。大量の漫画を古本屋に売った。

・例えば、不要なものを整理すると何が大切で何が不要かが明確になってきました。自分自身を大切にすることが出来、楽しい、嬉しいという気持ちにもっとはっきり目を向けることが出来るようになりました。

・年賀状を送らなくなった  古い書籍書類を捨てた。連絡しない人のアドレスを消した。

・年賀状を送る人を厳選した。

・長年、ダイエットと健康を考えてジョギングをしていたが、あるとき膝をいためて医者からスポーツジムをすすめられて入会。そこで、ZUMBAというダンスフィットネスと出会い、ストレスが軽くなり、そしてたくさんの交友がひろがったこと。

・着なくなった服の整理。高校生の娘にあげたり、古着屋へ出す。値段はほぼつきませんが、自分には着こなせず閉じ込めておくだけになるところ、自由な発想で新たに着てもらえ、服にとってその方が幸せと思えて気持ちが軽くなる。

・衣類。骨格診断の本を読み、色も形も似合わない服は処分した。

・ただいま家の整理中。断捨離という言葉はあまり好きではないのですが、我が家では使わないものや着なくなった洋服を整理し、外国の学校支援ボランティアに送ったり、フリマアプリに出したりしてサイズダウンを図っています。まだまだいろいろありそうですが、お気に入りのものだけに囲まれてシンプルに暮らせるようにしたいと思っています。少しでも心苦しさがなくなるように。

・2年間着ていない衣類は捨てる。書類関係は、見た瞬間に保管するか捨てるか判断して捨てるものはその場で捨てる。人との付き合いはこちらから連絡しなければ自然と疎遠になる。これらをもっと進めていきたい。

・親の家を片付けた・衣類を処分、親の家は業者に依頼した。

 

【50代】

・実際に取り組んで軽やかになった経験はあまりない。家の中の整理をしてもすぐにまた、いろいろなものが増える。それほど必要のないおつきあいも簡単には削れない。

・人生のダイエットについては、まだなにも手を付けることができていない。

・書籍・書類など部屋、本棚がすっきりしました、思い切ってドンドン整理しました。

・衣服の整理。自分ひとりでは決断できにくかったので娘に立ち会ってもらいました。

・ちょっと我慢して仕事中のおやつを控えた→少しだけ体脂肪が減った?

・子供たちの持ち物の整理…子供たちが下宿を始めた時から、少しずつ減らしていった。

・本を売るとスペースが出来ると同時に、わずかではあるがお金になるので良かった。

・恩着せがましい友人をメール一通で縁切りした。執着心とうぬぼれの強い元彼にハッキリともうつきあわないと告げて縁を切った。

・書籍や楽器の整理で部屋が整頓された。ランニングの継続で身が軽くなった(しかし躰は節々が痛い)。

・これから取り組んでいこうと考えているところです。

・着ない洋服を小さく切って雑巾にした。

・写真整理。ほんの少し整理しただけで、すごくやった気になる。

・使わない引き出物が山ほどあった時、捨てる・売るという行為は罪悪感がありため込んでいました。
しかし、ふとした時に発想を変え、物は使ってもらった方が喜ぶのではないかと思い、悩みに悩んだ末、思い切ってリサイクルショップに持ち込みすっきりしました。
今回のアンケートにより不要なものについて実態を考える機会がありましたので、身体だけではないいろいろなダイエットを実行していきたいと思います。

・衣類、雑貨(食器)等の整理のため、定期的にフリーマーケットに出展

・年賀状送付先の絞り込み。メールアドレスが分かる相手は、年賀状データを送信。おつきあいをやめたい人については、貰っても敢えて出さずに数年かけてご縁を解消。

・本は読み終えたら、すぐに買取業者に送るようにしている。衣類は見える範囲内でクローゼットにかけておき、衣類ケースなどになおしこまないようにしている。また、年を重ねると体力が落ちてくるので、押し入れの上段には物を置かないようにしている。

・今の能力以上のスキルが必要で努力を必要とする学びが必要なパソコンを使ってのボランティアをやめたこと。勇気をもって「もうやりません」と宣言した。

・家を建て替える際に、所持品を半分程度にしたり、父親のほぼ使えない遺品をリサイクルに出して現金化した。

・本は随分処分しました。ただ、手元に置いていた本でも、内容をすべて忘れていたものもありショックでした。むしろ、それなら本を手元に置く必要はないのでしょうね。

 

【60代】

・戸建からマンションに越した際に、少ない収納に合わせて今までの持ち物を全部処分したら、家事時間が短くなった。

・取り組めずに捨てれていない。お金は稼いでもすぐに軽やかになる。

・30年続けた仕事を3年掛けて辞める段取りをした事。14年間の親の介護を通して、実家の処分や、お世話を悔い無く やり遂げた事。(母親を見送って10日目ですが母の荷物をためらいなく処分出来ています)

・本を図書館に寄付したり、売ったり、人にあげたりしました。服も買ってすぐふとってしまい絶対着られないのは高価でも欲しがる人にあげた。もう一つマンションを購入し夫と別居している、家事を半分は娘にさせようと思っているがなかなかです。

・書籍は、ただいま進行中。マンガも含めて若い頃のものはほとんど処分。小説類や学生時代の本もだいぶ捨てました。思い切りが大切。本は場所取りなのですっきり感があります。

・実際にはまだ取り組んでいない。

・年賀状・・3年以上出さなかったら自然と減った。

・家が広くなった。洋服えらびがしやすくなった。

・仕事関係の書類を整理した。

・断捨離本や終活本を読んで参考にしている 。衣類や家具は捨てるには迷いが生じるので無料リサイクルに出している。

・断捨離を家族に頼み、捨てられても一切文句を言わない。使わなくてとっている贈答品などをメルカリなどで売って処分してもらう。

・いつか使おうと思ってしまってあった生活雑貨や食器等を思い切って処分

・30分間片付け、時間にリミットを設け、まずいらないと思われるものを、捨ててしまう。

・いらないと思って捨てたとたんに必要になって探すという繰り返しを断ちたい。

・仕事関係の文書、古書の処分、布団などをリサイクルセンターに自分で持ち込んで処分した。

体重。毎日1時間のJOG&WALLKING。

・家人に勧められて?夜の付き合いの制限。就寝時間をコンスタント守れるようになった。整体師の先生に勧められて、腰痛に良くない活動の制限。4か月続いた腰痛、足の痺れがひいて元通りの歩行ができるようになった。

・昨年、体質改善の為に、糖質制限をしたところ、3か月で6キロほど痩せたのですが、現在、リバウンド中です。

・まだ取り組み始めたところですが、ダイエットすることで執着がなくなり、人生が軽やかになると思っています。

 

【70代】

・2年~3年以上使用しないものは廃棄する。

・電化製品や音響機器とレコードなど割り切って処分しました。気分的に身軽になると共に、スベースが確保できました。

・まだほとんどできていませんが、1~2年のうちに決断が必要だと考えています。割り切れないとスリムにはできません。

・持ち家を一軒、タイミングよく処分できたこと。まだまだですが、二世帯住居の持ち物をかなり廃棄できたこと。

 

以上です。

 

 

新着情報一覧へ

会員登録 グランド倶楽部トップ グランド倶楽部について ビスネット
ページトップに戻る