オトナのアソビ場コラム

「私、こだわっています!」No.4「アクセサリー」

2015年10月01日

シリーズ「私、こだわっています!」は、消費生活において“これにはこだわっている”というものをちょっとおもしろく、体験に基づいてご紹介します。

原稿執筆:消費生活アドバイザー スカーレット

 

アクセサリーといってもたくさんありますので、今回はこの中でも女性の永遠のあこがれ、“宝石”についてお話します。

 

宝石との出会い 田崎真珠

ある程度の年齢になってくれば、1つや2つ、宝石の付いたアクセサリーを持っていらっしゃるでしょう。
いつもいつも、どうしてもいる物ではないけれど、いざという時に必要、本物を着けているいると気分が違う…“宝石”ってそんな効果をもっているようです。

若い時は母の宝石を見たり借りたりする程度で、あまり関心はありませんでした。
自分で買うようになったのは、30才を過ぎてから。

それまで専業主婦だったのですが仕事を再するようになって、ある時母に誘われて行った、田崎真珠の展示会が最初の出会いでした。
 

田崎真珠はもちろん真珠だけではなく、ダイヤや他の石を使ったいろいろなデザインの物があります。

tasaki_2.jpg私の場合、その時の年齢や仕事の時身に着けていけるというスタンスで買い始めたので、田崎にも大変高い物もあるでしょうが、この店の私のイメージは“普段使いができる宝石、買いやすい値段の宝石”が揃っているという捉え方です。
 

これらは初めの頃に買った物で、もうかれこれ15年近く使っています。飽きがこない、何にでも合わせられる使いやすさ、“石”のことは詳しくないのですが、ダイヤの輝きがきれいだと思いました。

 

tasaki_1.jpg最近、この2本、チェーンを足してもらって少し長さを長くしてもらいました。というのは、年齢と共に体形も変わるのか、少し短く感じるようになったのです。ちょっとした長さなのですが、ちょっと長くてもちょっと短くてもピンときません。で、1㎝から2cmぐらいですが、長くしてもらい、とても着けやすくなりました。

 
 
このほか、田崎ではイヤリング、真珠のネックレス、指輪などあくまでも小ぶりで普段使いできる物という感覚で選んでいました。
 

tasaki_3.jpg商品の使いやすさ、デザインの良さもありましたが、今思えば、しばらくここで買い続けていた理由は、その時の店長さんの人柄の良さが大きかったかもしれません。売らんがために無理に勧めることはなく、「お仕事の時には、あまり目立たち過ぎずこのようなのがいいのではないですか」とさりげなく勧められた時に買っていたような気がします。 
 

 

 

どれひとつ同じものがない、楽しいデザイン ジュエルスタジオ

Dscf0020.jpg次に出会ったのは、ジュエルスタジオの宝石です。ここは、普通に店舗があるのではなく、自宅の近所にあるブティックの紹介で連れて行ってもらった所です。すでに40代半ばになっている時で、年齢と共に嗜好が変わっていたのでしょう。ここの宝石を見た時は新鮮な驚きでした。まず「とても私には合わないわ。こんなに大きく、派手なもの。値段も高すぎて、とてもとても…」これが率直な感想でした。

 

 

jwe_1.jpgしかし、実にきれいなのです。
デザインが楽しいのです。
またどれひとつ同じものがないのです。

何度か足を運ぶうちに、自分が今使えそうなもの、心引かれるもの、何とか買えそうなものというのが分かってきて1つづつ購入するようになりました。

 

 

jwe_4.jpgここの特徴は、まずゆったりとしたサロンでお茶をいただきながら見ることができること。また、担当者が1人決まり、その人が私のことを良く理解してくれた上で(たとえば職業や好みなど)相談にのってくれること。
確かに値段も決して安いものではありませんが、私の場合は、宝石箱の中に大切にしまっておくものではなく“使う”ということを念頭に置いて選んでいますし、3年間のローンなどでゆっくり返せる範囲のものを買っていますので、無駄な高い買い物ではないと思っています。

 

 

 もうひとつここのアクセサリーの良いところは、物にもよりますが、ペンダントでもブローチとしても使える物があるということです。普通ペンダントはペンダント、ブローチはブローチとしてしか使えませんが、両方兼用できるのは使い道が広がって、1つで2つ分買ったような気分になります。同じ物でもペンダントにした時とブローチで使うのとでは雰囲気が違って楽しいものです。

         jwe_3.jpg      jwe_2.jpg
 

 

アクセサリーには関心がない、本物の宝石でなくていいなどいろいろ考え方はあるでしょう。が、服を引き立たせる、服とのコーディネートを楽しむ、気持ちを華やかにする、宝石ってそんな魅力があるようです。ファッションのエッセンスとして上手に取り入れてみるのもいいのではないでしょうか。
 

 

宝石、宝石店の上手な選び方

★前もって目的を良く考えて店に出向くこと

でないと店の人に勧められるままについ買ってしまい、使いにくかったり、持っているものと同じようなものを買ってしまったりする。
すなわち、自分がそれを付けている時をイメージして、どうしてもほしいと思った時に買うことである。

 

★信頼できる販売担当者を見つけること

お世辞を言って気持ち良くさせて買わせたり、 無理に勧める人はダメ。長いお付き合いをするためには、お客が本当にほしいものを探し出し紹介する人とめぐり合うことである。

 

★買った物はしまい込まないでどんどん使うこと

組み合わせを楽しむことによって使っていくことによって、今度はどんな物が必要か分かってくる。また、どのような物を身に付けた時気持ちが華やぐのか、自分に自信が持てるのか分かってくると選び易くなる。  

新着情報一覧へ

会員登録 グランド倶楽部トップ グランド倶楽部について ビスネット
ページトップに戻る