なっとく!認定

「国菊あまざけ」株式会社篠崎



米麹と米だけ 昔ながらの本格甘酒

江戸時代後期から蔵を構える「篠崎」。北部九州の中でも有数の穀倉地帯である朝倉で、地域の米、麦、水を使って、清酒や焼酎などを製造してきました。いち早くノンアルコール甘酒にも取組み、全国の酒造メーカーの中ではめずらしく、甘酒専業の人員と設備を設け、甘酒造りに力を注いでいます。昨年には、九州北部豪雨という災害に見舞われましたが、地域の協力も得ながら生産を再開しています。

 

■国菊あまざけ

国菊のあまざけは米麹と米のみから糖化させたストレートタイプの飲料で、防腐剤・糖類は添加しておりません。 日本の伝統飲料である、米麹あまざけは、8種類の必須アミノ酸やブドウ糖など様々な栄養素を含み、「飲む点滴」と呼ばれるほどの栄養ドリンクです。 ノンアルコール飲料ですので、小さいお子様からご年配の方まで、幅広くご引用いただけます。

 

■国菊発芽玄米あまざけ

定番のあまざけの原料米と麹のうち、米の1割を発芽玄米とすることで、繊維質が少し加わり、よりヘルシーなあまざけに。噛む食感も楽しめます。

星 星 星 星 星半分
品 質 星 星 星 星 星半分
表 示 星 星 星 星半分
企業の思い・こだわり 星 星 星 星 星半分
おすすめ度 星 星 星 星 星半分
       
飲み方や利用方法等1日の目安量180ml、概ねコップ1杯です。 少し甘さを抑えたい方は、豆乳や牛乳で割って飲むのがおすすめです。 寒い時期には、温めて生姜をおろしたものを混ぜるのもおすすめします。
原材料米麹 米
製造方法①製麹:白米→洗米→浸漬→水切り→蒸し→放冷→製麹→麹

②掛米:白米→洗米→浸漬→水切り→蒸し→放冷→①の糀とともに仕込→糖化→甘酒
価格国菊あまざけ 900ml 713円  国菊発芽玄米あまざけ 720ml 648円 
  • 品 質
  • 表 示
  • 企業の思い・こだわり
  • おすすめ度

味や風味などはどうか

温めて朝食に出したら好評 (福岡県 40代 女性)

自宅で米と麹のみで作る無添加の甘酒の味わいと風味で、非常に美味しかったです。子供にも温めて朝食に出したところ、好評でした。玄米甘酒は更に玄米の粒が食感も楽しめました。豆乳と紅茶のアレンジも美味でしたが、肌寒くなってきたのでやはり生姜を入れてホットで飲む方がベストでした。パックの甘酒、フリーズドライなどいろいろ試して、クセのある味と香りで、自宅で手作りするようになりましたが、今回の甘酒は間違いなく一番美味しかったです。現代っ子でも好きな味のようです。

自然に生まれる甘味に感動 (京都府 50代 女性)

さっぱりした飲み心地で、くせのない点がよい。すっと飲める。玄米でない方から口にしたが、甘さに驚いた。飲み切った後、口の中に甘さが残らないことに驚いた。玄米のほうは幾分甘味が低いようにも思えたが、つぶつぶ感を舌で感じている間、甘さが口に広がり、ほどよい。自然に生まれる甘味に感動する。

母が作ったのを思い出す味 (埼玉県 60代 女性)

昔、母が作ったのを思い出す味と食感。市販のものにあまりない、噛んで食べる懐かしい味わい。私にはやや甘すぎたが、甘酒好きで様々な種類の甘酒を常備して飲んでいる夫(60代)と娘(30代)は「ちょうどいい」「おいしい」との感想だった。温めて少しお湯で薄め、ショウガのすりおろしを加えるのが、私の一番好きな飲み方です。

いろいろなレシピで味わえる (神奈川県 40代 女性)

ストレートで飲むと、市販の甘酒にありがちな生臭い香りがせず、手づくりした甘酒と変わりない香りがした。 アップルパイ風レシピは、発芽玄米で作ったが、アップルパイ好きな子どもが、喜んでいた。甘酒ミルクティーは、やさし~いミルクティーに仕上がって、ほっこりした。甘酒アイスは、甘酒そのものの味を楽しめて、賞味期限を気にせず、手軽に摂取できるのが、よかった。子どものおやつや夜食にもいいと思った。

紅茶、牛乳と合わせてミルクティーに (神奈川県 40代 女性)

温めた時の甘酒独特のにおいがないことにまず驚いた。においだけでなく、味も甘味が抑えられていて、ミルキーな風味でとても美味しかった。甘酒の味を味わいときはそのまま飲んだが、温めた牛乳とまぜる方法でよく飲んでいた。紅茶にも牛乳と一緒に混ぜて飲んだ。甘味のあるミルクティのようになり、美味しいが甘酒が入っているかはわからなくなるので、甘酒が苦手な人にはおすすめできる。

原材料、製造方法などはどうか

無添加・無糖で嬉しい (岡山県 50代 女性)

無添加、無糖で嬉しい。市販の甘酒表示はよく見てから購入を検討するが、十分甘いのに、さらに加糖していないものをいつも求めている。上品な甘みが引き出されて、アミノ酸も豊富でよいと思う。

昔ながらの原材料 (埼玉県 60代 女性)

米麹と米のみを糖化させ、防腐剤・糖類は無添加という昔ながらの原材料に、安心感がある。

専属の職人と製造ラインに安心 (神奈川県 40代 女性)

米は国産の食米で、その他には、何も添加していないので、手づくりと変わらない、甘酒本来の風味を味わうことが出来た。製造方法も、専用のラインで専属の職人さんが携わっているということで、安心して、味わうことが出来た。

様々な栄養を含む天然の栄養ドリンク (神奈川県 40代 女性)

原材料は米と米麹のみから糖化させたストレートタイプ。日本の伝統飲料である「米麹あまざけ」は、8種類の必須アミノ酸やブドウ糖など様々な栄養素が含まれている。(天然の栄養ドリンク)米麹の製麹過程の中に美味しさの秘密があるのでしょうか?(文句なしの高品質です)

米へのこだわりがこの味になる (神奈川県 40代 女性)

単純な原材料だからこそ、米にこだわり、だからこそこの味になるのだろうと思った。くず米を使用していないと書いてあったが、一般の甘酒はくず米を使用しているのかということに驚いた。

ホームページ、パンフレット、パッケージ、ラベル等はどうか

利用しやすい瓶で量もちょうどよい (福島県 40代 女性)

利用しやすい瓶で、量もちょうどよいと感じました。ラベルもシンプルで好感が持てます。大好きな日本酒も飲んでみたいと感じました。

ラベルの必須アミノ酸分析が優れている (京都府 50代 女性)

ラベルには、必須アミノ酸の分析があり、商品への説得力になっていると思った。スーパーでも多くのメーカーによる甘酒が置かれているが、同分析を載せているのは見当たらなかった。健康に良いもの、でもサプリメントには抵抗がある、という消費者(自分もだが)には歓迎されると思う。キャップ上部の十四菊にも貴社のさりげない誇りと歴史を感じる。

HPは実直さと素朴さを感じる (埼玉県 60代 女性)

HPはあっさりしていて主張が強くないところが、逆に実直さ素朴さを感じた。ポケット付き黒い三つ折りパンフレットは重厚で伝統を感じたが、甘酒の説明パンフの色デザインは甘酒イメージとは違うように思われた。瓶ラベル(表)はシンプル。必要な情報が盛り込まれているが、活字の字体は個性が乏しいと感じた。裏面の成分表示や試験表示には信頼が増した。

HPにレシピを入れてはどうか (福岡県 40代 女性)

最近の企業のホームページは情報過多になっているので、比較的情報が少なめに感じましたが、文字も大きく一定の情報は網羅されています。パンフレットの方がより見やすく情報も充実していますが、初めての購入を検討している消費者はHPで情報収集するので、レシピも掲載しておくと良いと思います。

英語版があり海外発信ができている (神奈川県 40代 女性)

ホームページは、大項目から小項目に分かれていて、見やすかった。どんなところで作っているか知りたいので、もう少し朝倉市や工場の写真があるとイメージしやすいと感じた。英語版もあるのは、海外に向けて、よい取り組みだと感じた。パンフレットは、黒い高級感のある外装で、お酒のイメージに合っていると感じた。リーフレットタイプの商品案内は、一つ一つの商品への愛情が感じられた。ラベルは、シンプル過ぎるので、ペットボトルタイプや発芽玄米のように、少しイラストがあるといいと感じた。

品質の管理・向上を徹底するため部門ごとに責任者を置く、などのこだわりについてどうか

老舗メーカーがプライドを持って製造 (埼玉県 60代 女性)

専業の人員と設備で製造されていると知って驚いた。甘酒製造に、力を入れており、老舗メーカーがプライドをもって商品を提供していると思った。

職人の手腕のこだわりが見える (福島県 40代 女性)

日本酒の品質管理について、酒蔵に見学に行った際に聞いたことがあります。生き物であるこれらの商品を作り上げる職人さんの手腕にこだわりがあるのは当然ですし、商品に活きているのだと感じました。

こだわりに期待 (神奈川県 40代 女性)

部門ごとに責任者を置くことには、企業の想いを感じることができた。麹の一時に流行りに関わらず、こだわりを貫いてほしい。

美味しさの理由がわかる (神奈川県 40代 女性)

「甘酒専業」の人員設備を設けていること。品質の管理・向上を徹底するための部門ごとに責任者を置いていること。企業の思い、美味しい味の理由がよく分かります。年齢に関係なく(特に女性に)幅広く支持されると思います。※欲を言えば、「環境に対する企業理念」をいれたら、さらに企業イメージが増すと思います。        

麹の可能性に魅力を感じる (神奈川県 40代 女性)

ホームページ記載の甘酒へのこだわりの欄の内容はわかりやすい。御社の甘酒へのこだわりがよく感じられる。甘酒専門のラインを作っているというのも安心へつながる。同ラインで他の製品も作っていると例えば異物混入などあっても、どの時点での混入なのかなど調べることが困難になるので、専用ラインで専門の担当者という点は信頼できる。麹を使用した新しい商品を作り出そうとしている心意気も発芽玄米の甘酒を作り出していることでよく感じられ、面白い。麹にはいろいろな可能性があると思うし、日本人には一番身近で体の元となっている素材なのでどんどん魅力を開発してもらいたいと思う。

身近な人へ話したり紹介したくなるか

冷え性の人に勧めたい (和歌山県 50代 女性)

すりおろし生姜を入れて温め飲むと体がポカポカする。冷え性の人に勧めたい。

甘酒なら篠崎さんを勧める (京都府 50代 女性)

モニター期間中、店頭でいくつかの他メーカー商品を購入した。一口でこれはまずい(香りも味も感じず、どろりとしている)、後味がよくない、添加物が多すぎる、等々感じた中、「モニター商品、美味しいよね」となった。ただ、麹だけでつくられたものには、モニター商品よりこちらがよい、と家族で意見が分かれた。親しい人の間で甘酒が話題になった際には、貴社の商品は薦める。

妊婦や子供、高齢者にも安心 (東京都 50代 女性)

原材料がはっきりしているので安心。加工食品でこれだけ原材料の産地と製法が明確になっているものは少ない。妊婦や子ども、高齢者も安心して栄養摂取ができると思います。

子供も飲めてお勧め度が高い (福岡県 40代 女性)

味は抜群。毎日飲める味、品質、栄養価であることと、子供でもクセのない味になっていることでお勧め度は高いです。ただ、瓶であることは定期的に購入する点において、徒歩などで買い物に行く方には重荷になり、破損の心配があること、冷蔵庫で保管する場合に意外に場所をとること、飲み終わった後の瓶がネックです。

夜食に飲んでも健康に良さそう (福島県 40代 女性)

ちょうどモニター期間、体調がわるく食欲がありませんでしたが、少しずつ甘酒を飲んでしのぐことができました。その割に体力がなくフラフラするようなこともなかったのは甘酒のおかげでしょうか。子供の夜食に飲ませてます。これなら健康にもよさそう。

新着情報

企業情報

株式会社  篠 崎
住所:福岡県朝倉市比良松185番地
TEL: 0946-52-0005(代)
FAX: 0946-52-2165
E-mail:info@shinozaki-shochu.co.jp
HP http://www.shinozaki-shochu.co.jp/

なっとく!食一覧に戻る